2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の脅し

今日の中年3人組による脅しです。

「殺すって言ってんだよ」

仕事場にて。
「彼女はあんたの事を好きになっちゃったのよ」
「午前中でノックアウトよ」
「恋に生きるって思っちゃってるわよ」
「彼女は条件が厳しいのよ」
「それでも、彼女はあんたとの結婚を、それもいいかなーと思っている」

いやー。
さえずりまくっていますね。
仕事場の女性に思考盗聴をしかけているんですか?
貴女方にとって、思考盗聴は現実と合致する真実を捉えているという認識みたいですが、音声送信を通して聞かされる僕の方は、貴女方3人組が話している内容なので、信用する価値、聞くに値する価値が全く無いんですよ。
何たって、嘘ばかりでしょ。
自分達が言っている事が正しいと信じこませて、周囲から孤立させる魂胆でしょ。
持ち上げておいて、落とす、などという手口以前の問題で、○尾○子だということだけで、信頼できないんですよねぇ。
だって、そうでしょ。
アンタ、昔っからホラばかりだったじゃん。


イタズラ電話について拙い知識で、音声解析を試みてみました。
wavesurferを使用しました。
http://www.speech.kth.se/wavesurfer/index.html

母音を比較したその結果、別人の声である可能性が高い事が判明しました。
まず、警察官の方の声紋は男声の基本周波数なのですが、イタズラ電話は男声に聞こえるにも関わらず、女声の声紋の基本周波数なのです。
基本周波数は明らかに高いにも関わらず、男声なのです。

警察官の電話
http://www16.tok2.com/home/mongar/audio/itazura/0802211504_cut.wav
イタズラ電話
http://www16.tok2.com/home/mongar/audio/itazura/0802211920.wav

加害者の側には、ボイスチェンジャーやシンセサイザーの機能がある機器類があると思われます。

警察官の方に僕に対して加害行為を行っている人と面識があるとは思えません。
たかだか数時間で加害者と警察官の方が会っていたとも考えにくいところです。

考えられるのは、どこかのタイミングで、遠隔で、警察官の方の声をサンプリングし、その声を使用して加害者が僕にイタズラ電話をかけてきたという事になります。

被害者の間でよく聞く話として、頼んでもいないのに出前が来た、ですとか、被害者の人の声で連絡が来た、知人から連絡が来たのに、後で確認をすると連絡などしていないと言われる、という話があるようですが、こういったカラクリがあっての事ではないでしょうか。

そして、被害者の方々は注意して欲しいのです。
聞こえてくる声に騙されないで欲しいのです。
アパートの部屋の隣の人の声、アナウンサーや俳優の声、友人や親兄弟の声、いろんな声をそのまま鵜呑みにして判断しないで欲しいのです。
加害者は、被害者に関わりのある人物の声を使用し、被害者を騙そうとしています。

特に、連絡の取れなくなった友人や知人の声は要注意です。

音声送信の被害は、コーン紙を使用したスピーカーを、マイクロ波聴覚効果と類似の原理を使用した機器類に変えただけです。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongar3.blog66.fc2.com/tb.php/24-84990b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の脅し «  | BLOG TOP |  » 今日の脅し

最新トラックバック

プロフィール

菊地眞謙

Author:菊地眞謙
2003年10月に被害に気付いて以来、被害を受け続けています。
少しでも多くの人達にこの被害を知らせるためにブログを立ち上げました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
身体攻撃 (20)
総合 (45)
音声送信 (16)
集団ストーカー (15)
ストレス解消 (1)
電磁ノイズ (6)
映像送信 (3)
家電製品の誤作動 (2)
加害電磁波の周波数帯 (4)
脳 (5)
思考盗聴・盗撮 (13)
加害者 (6)
加害行為の記録 (100)
法律 (13)
報道 (12)
加害装置 (2)
統計 (2)
被害者の会関連 (1)
意思・身体の動きのコントロール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。