2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の脅し

今日の中年三人組の脅しです。

「尿漏れにしてやる」
「□□さんに(□□さん)がお前に抱かれているところ(加害者の嘘)を映像送信で見せてやったら、お前の事を好きになったぞ」
「もう、お前に話しかけられないと言っている」
「かわいそうにな」
「本気なんだってさ」
「勃起させてやる」
「オナニーしろ」
「あいつは、処女にとっては毒だ」
「潰すぞ、てめぇのホームページ」

7月7日のブログでも家族に対しての加害行為を書きましたが、
http://mongar3.blog66.fc2.com/blog-entry-3.html
この発言どおりだとすれば、□□さんにも加害行為を行った事になりますね。
□□さんとは、現在の職場にいる女性です.
恐らく、マインドコントロールによる誘導でしょうが、やはり、加害装置は誰に対しても加害行為を行う事が可能なようです。
そして、かなり、嫌がっているようですね。
音声送信の内容をブログに書くだけで。
あんたら、3人組の手の内がバレバレになってしまいますからね。


前日にイタズラ電話について書きましたが、その続きです。

2008年2月22日未明、イタズラ電話を仕事から自宅に帰り、携帯電話からパソコンに直接録音し、保存しようとしたのですが、変換用のアダプタを購入しなければならない事が分かり、後日購入する事にしました。

せめて、イタズラ電話の記録だけでもしようと考え、イヤフォンマイクを使用しました。
その時に、僕が携帯電話から聞いていたイタズラ電話の内容は、
男声で僕に対する仄めかしの名前、男声の笑い声、最後に女声の笑い声
「ウツミユウコではございません。ははははははは。さいなら。」「クスクス。」
といった内容でした。

イヤホンマイクではこのように記録されていました。
イヤフォンマイクでの記録
10.653秒あたりに記録されているのですが、不思議なことに、携帯電話から聞いているときとは、だいぶ、感じが違います。

後日、変換用のアダプタを購入し、パソコンへ直接録音しファイルを保存して聞いてみたところ、女声の笑い声が記録されていない事が判明しました。

そこで、wavesurferを使用し、解析してみたところ、イヤホンマイクで録音したファイルに記録されている女声のスペクトルがおかしいのです。
声紋になっていないのです。

携帯電話の留守電を聞いた時には、明らかに聞こえていた女声のクスクスという笑い声が携帯電話から直接パソコンへ録音した音声ファイルには録音されていない事から、これは、音声送信により聞かされていた声であると言えます。
それをイヤホンマイクで捉える事に成功していたのです。

という事は、あたかも携帯電話からの声として聞こえる音声送信の声なのです。
俳優やアナウンサーの声でラジオやテレビから聞こえる仄めかしや誹謗中傷の声も、音声送信による声なのではないでしょうか。

マスコミ被害が実は、加害者が加害装置を使用した自作自演なのだという可能性が非常に高いと言えるのではないでしょうか。

被害者の方々は絶対に騙されてはいけません。
こういった、声は必ず録音できます。
そして、録音する事によって多くの事が判明してきます。

被害の無い方々には、是非、知って欲しいのです。
この電磁波被害と言われる現象は、物理現象として、明らかに存在しています。


次に、警察官の声は何処でサンプリングされたのでしょう。

以前より、録音された自分が発声した声の声紋に異常があったのは気付いていました。
それは、声紋が切れてしまう、消えてしまうという不思議な現象です。

これが、非常に重要な現象だったのです。
http://mongar.biroudo.jp/records/mic/voiceprint/voiceprint.html
音波に対し、位相レベルで180度反転した電磁波を同期させ、干渉させる方法だと言えます。
それにより、電磁波の周波数も変わります。

被害者自身の声では再現性が無いため、
「ハイテク犯罪に関する調査と研究」
http://haitekuhannzai.ganriki.net/
の管理人、福島俊明さんが擬似音声を使用した結果です。
http://mongar.biroudo.jp/proof/proof.html

これらの現象から分かるのは、光の速さの電磁波と言えども、音波が発生する瞬間が分からなければ、声紋のスペクトルを消すのは不可能だと言える事です。

パソコンであれば音を出力させる命令が出た瞬間、ヒトであればブローカ野から発声せよと命令が出た瞬間となります。

これが被害者の声を遠隔でサンプリングする方法なのかもしれません。

もう一つ、言える事として、ブローカ野から発声せよという命令が出た瞬間が加害装置で分かるというのならば、この現象は、思考盗聴・盗撮の証拠ともなります。

では、警察官の声は何時、サンプリングされたのでしょうか。

それは、僕がこの被害を相談に行った時だったのかも知れません。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

No title

>マスコミ被害が実は、加害者が加害装置を使用した自作自演なのだという可能性が非常に高いと言えるのではないでしょうか。
の件ですが私も経験しているので思うのですが、音声送信と音を脳内で変換していると思っています。仄めかしについても単語(キーワード)だけなのでよく聞いているとその後、元の言葉が聞き取れることが多々あるのでそう思いました。(声が違うことも多い)
多分前もって、単語(キーワード)を刷り込み、その単語に意識を集中させ他の音に気を向けさせないようにしているのではないかと思っています。
私の場合は、電車の通過音にも単語をのせてきます。(普段の生活音にも)
また、自宅外の室内では、相手の声がかき消されて仄めかしの単語を入れられ会話がつながらなかったこともありましたが、その時の声が相手の声と違っていたので笑いをこらえるのに大変でした。ですから被害をうけている方は冷静になることが重要だと思います。(しかし、気にされているキーワードですから大変だとは思いますが。)
そういうこともあるという事を前提に行動すると少しですけど楽になります。

Re: No title

alamoさんの仰る通り、この被害は冷静さと客観性が非常に重要です。
それが無ければ、加害者にいいようにされてしまいます。

いろんな生活音に紛れ込ませて誹謗中傷の声を聞かせます。
今の季節であれば、クーラーの音や室外機の音などもそうです。

音声送信の音や声は、マイクロ波聴覚効果・マイクロ波音響効果と類似の原理をしようしていると考えています。
マイクロ波をパルス変調することによって、そのパルス変調されたマイクロ波の音が聞えるという現象です。
そうでなければ、聞えている声や音が録音できる訳がありません。

何故、「類似」と書いているのかというと、周波数帯が違うと思われるからです。
この被害は、シールドルームや電波暗室に入っても、防ぐ事ができません。
この観点から考えると、加害電磁波の周波数帯は、シールドルームの性能のはるかに上の周波数帯か、下の周波数帯という事になります。

No title

お風呂で頭を洗うとき目をつぶっていたのですが、そのときとてもまぶしい感覚を受けました。
それが、http://mongar.biroudo.jp/records/mic/voiceprint/files/mask_5.gifの画像と同じだったと思います。映像の送信をされたのだと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongar3.blog66.fc2.com/tb.php/23-8ce31b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の脅し «  | BLOG TOP |  » 今日の脅迫

最新トラックバック

プロフィール

菊地眞謙

Author:菊地眞謙
2003年10月に被害に気付いて以来、被害を受け続けています。
少しでも多くの人達にこの被害を知らせるためにブログを立ち上げました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
身体攻撃 (20)
総合 (45)
音声送信 (16)
集団ストーカー (15)
ストレス解消 (1)
電磁ノイズ (6)
映像送信 (3)
家電製品の誤作動 (2)
加害電磁波の周波数帯 (4)
脳 (5)
思考盗聴・盗撮 (13)
加害者 (6)
加害行為の記録 (100)
法律 (13)
報道 (12)
加害装置 (2)
統計 (2)
被害者の会関連 (1)
意思・身体の動きのコントロール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。