2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少額訴訟制度

集団ストーカー・電磁波被害における、問題解決の方法として、小額訴訟制度が有効なのではないかと思われます。
理由として、
・証言がなかなか得られないために、証拠に頼らざるを得ない。
・(計測などの)証拠をなかなか第三者に認めてもらえない。
・被害の形態が第三者にわかり辛く、被害の存在自体をなかなか認めてもらえない。
・犯人と思しき人物を調査する際に、多大な金額が必要とされる。

以上の理由から、小額訴訟制度により、問題を細かく切り分けて分類することにより、分類された個々の問題だけで裁判を行えると考えられるからです。
例えば、集団ストーカー被害に出てきた人物の一人だけの、その時のアリバイの確定や、音声送信被害で聞こえてきた声の主の特定とその人のその時のアリバイ、電磁波被害における計測結果の確定などです。

少額訴訟制度
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E9%A1%8D%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E5%88%B6%E5%BA%A6
少額訴訟制度ホームページ
http://www009.upp.so-net.ne.jp/law/shousokuwashi001.html

民事訴訟の結果を持って警察へ行くことも可能となります。
告訴することも可能なのです。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongar3.blog66.fc2.com/tb.php/216-22f75eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風邪 «  | BLOG TOP |  » 科学的根拠

最新トラックバック

プロフィール

菊地眞謙

Author:菊地眞謙
2003年10月に被害に気付いて以来、被害を受け続けています。
少しでも多くの人達にこの被害を知らせるためにブログを立ち上げました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
身体攻撃 (20)
総合 (45)
音声送信 (16)
集団ストーカー (15)
ストレス解消 (1)
電磁ノイズ (6)
映像送信 (3)
家電製品の誤作動 (2)
加害電磁波の周波数帯 (4)
脳 (5)
思考盗聴・盗撮 (13)
加害者 (6)
加害行為の記録 (100)
法律 (13)
報道 (12)
加害装置 (2)
統計 (2)
被害者の会関連 (1)
意思・身体の動きのコントロール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。