2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料の解説

資料の重要な記述箇所について。

・電磁界と公衆衛生:「レーダーと人の健康」
http://www.niph.go.jp/soshiki/seikatsu/seiri/html/WHO/No226.pdf
電磁波が聞こえるということに関して、
「パルス化されたRF界: レーダーに使われるものと似た強いパルスをもつRF界への曝露は、覚醒時のマウスの驚愕反応を抑制し、体動を促すと報告されています。くわえて、普通の聴覚を持つ人は200 MHz から6.5 GHzまでの周波数のRF界パルスを聴くことができました。これをマイクロ波聴覚効果といいます。RFパルスの特性によって、ザーザー、カチカチ、シューシュー、ポンポンなどそれは様々な音に説明されています。長時間の曝露や繰り返しの曝露はストレスを生じるでしょうから、できる限り避けるべきです。」

・Recording Microwave Hearing Effects: Literature Review and Case Report of an Affiant to Recording Remote Harassment
http://cogprints.org/6147/1/RecordingMicrowaveHearingEffects.htm
「Condenser microphones are shown directly responsive to thermoacoustic sound production in laser experiments.」
「コンデンサマイクはレーザー実験で、熱弾性波の作用にダイレクトに反応を見せる」

・Intrusive Brain Reading Surveillance Technology: Hacking the Mind
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=7606
テラヘルツ波で何が出来るかの紹介記事。
(参考)
テラヘルツ波
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%84%E6%B3%A2

・米陸軍「脳内で音声を発生させる技術」ウェブページの謎
http://wiredvision.jp/news/200805/2008051321.html
「脳内音声装置
定義:(1)パルス波形にしたマイクロ波を照射することで、人または動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁神経刺激装置、および、(2)人または動物の頭蓋内に音を送信できるサイレントサウンド[耳に聞こえない音]装置などを含む非殺傷型兵器。」

・マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」
http://wiredvision.jp/news/200807/2008070822.html
「「マイクロ波聴覚効果」(フレイ効果)――マイクロ波を[パルス波形にして人に]照射すると、頭部との相互作用で[頭の中から発せられたような]音が聞こえる現象――を利用したものだ。この音は、マイクロ波の照射範囲にいない人には聞こえない。」

・特定の対象だけに声を届ける広告板と、「神の声」兵器
http://wiredvision.jp/news/200801/2008011022.html
「マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)として1960年頃から知られている技術だ。[マイクロ波を(レーダーのように)パルス波形にして人に照射すると、音を聞く事ができる現象。通常の音波が聞けない聴覚障害者でもこの音は聞こえるとされる。瞬間的なエネルギー吸収によって組織がわずかに熱膨張して弾性波が生じ,これが聴覚器官によって感知される現象とされる(PDF)。]このマイクロ波によって作り出される音は、頭の中から発せられたように聞こえる。」

「脳から特定の記憶を消去」に成功:タンパク質の操作/マイクロ波等の照射が記憶に影響
http://wiredvision.jp/news/200811/2008110123.html
「研究者たちは1980年代には、ごく弱い電子ビームを当てるだけでも、マウスが今起きたばかりの出来事を忘れてしまうことを発見していた(これは、逆行性健忘と呼ばれる記憶障害。もう1つのタイプの障害である前向性健忘は、新しい記憶を形成できなくなるもの)。X線を当てても同じことが起こる。記憶を消せる時間は短く、直前の4秒間の記憶を失うだけだ。だが、その効果は興味深いものだった。」

加害電磁波の周波数帯についてこれらの記事は、マイクロ波の周波数帯について書いてありますが、マイクロ波聴覚効果を起こす周波数帯は透過しやすい周波数帯であることも知られています。
http://kokoronokoe.at-ninja.jp/siryoudennjiha.htm
ただし、金属にぶつかると、出力が高い場合、アーク放電を起こすことでも知られています。

鍾乳洞や洞窟、シールドルーム内でも被害に遭うことと、具体的な周波数帯を割り出すような計測事例が無いことから、加害電磁波は目に見えないことと、異様に透過しやすい周波数帯であることとして、理解しておくことが重要だと考えます。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongar3.blog66.fc2.com/tb.php/189-a80becf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

参考になる資料 «  | BLOG TOP |  » 集団ストーカー・電磁波被害

最新トラックバック

プロフィール

菊地眞謙

Author:菊地眞謙
2003年10月に被害に気付いて以来、被害を受け続けています。
少しでも多くの人達にこの被害を知らせるためにブログを立ち上げました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
身体攻撃 (20)
総合 (45)
音声送信 (16)
集団ストーカー (15)
ストレス解消 (1)
電磁ノイズ (6)
映像送信 (3)
家電製品の誤作動 (2)
加害電磁波の周波数帯 (4)
脳 (5)
思考盗聴・盗撮 (13)
加害者 (6)
加害行為の記録 (100)
法律 (13)
報道 (12)
加害装置 (2)
統計 (2)
被害者の会関連 (1)
意思・身体の動きのコントロール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。