2014-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団ストーカーの存在の可能性

組織的ストーカー行為・組織的嫌がらせ行為と変更を希望しておいて、集団ストーカーという言葉を用いるのはなんなんですが、2チャンネルにて、集団ストーカー実在の可能性を示す、YOUTUBEの動画を発見したので、紹介します。

悪質な集団ストーカーの付きまとい!「シネ」「自殺しろ」と暴言!!
http://youtu.be/mvoI9YPX5Yk

集団ストーカーの「シネ!」という暴言と電車内での音声送信!!
http://youtu.be/KJXha49y3UY

唾吐き集団 嫌がらせ 「防犯カメラ映像」③
http://youtu.be/hB7ds4Pqy3o
スポンサーサイト

「集団ストーカー」という名称

集団ストーカー被害ではなく、「組織的ストーカー行為・組織的嫌がらせ行為による被害」と名称の変更を、強く希望します。

理由として、
・加害者が、一人である場合もあれば、複数名による場合もあること
・組織的に統制の取れたストーカー行為ではないかと判断できる被害内容であるということ
(例えば、誰かの筋書き通りに指示された者が、噂を流したり、仄めかしなどを行っているように判断できたりすることがある)
・「集団」という言葉により、必ず、何人かがまとまってストーカー行為を行い、被害者の前に出現するという内容に聞こえるということ(必ずしもそうではない)
・ストーカー行為というより、「嫌がらせ」を彷彿とさせる被害があるということ

漫画メディア

先日、被害をうけている集団ストーカー・電磁波被害の被害者の方からメールにて、連絡がありました。

漫画を描くことによって、被害を訴えていきたいとのことで、そのアドレスを教えて頂きました。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=47429435

画力のある方だと思います。
ストーリーもわかり易いと思います。
被害を知らない、被っていない方々には、わかり辛い表現もあるのかも知れませんが、是非、読んでみて下さい。
集団ストーカー被害が、ニュアンスだけでも伝わればと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新トラックバック

プロフィール

菊地眞謙

Author:菊地眞謙
2003年10月に被害に気付いて以来、被害を受け続けています。
少しでも多くの人達にこの被害を知らせるためにブログを立ち上げました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
身体攻撃 (20)
総合 (45)
音声送信 (16)
集団ストーカー (15)
ストレス解消 (1)
電磁ノイズ (6)
映像送信 (3)
家電製品の誤作動 (2)
加害電磁波の周波数帯 (4)
脳 (5)
思考盗聴・盗撮 (13)
加害者 (6)
加害行為の記録 (100)
法律 (13)
報道 (12)
加害装置 (2)
統計 (2)
被害者の会関連 (1)
意思・身体の動きのコントロール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。