2011-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑事訴訟法、民事訴訟法など

集団ストーカー・電磁波被害について、計測からどのような法律に違反するのかを述べてきましたが、その他にも知っておかなければならない事として、
刑事訴訟法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E6%B3%95
民事訴訟法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%BA%8B%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E6%B3%95
上記の法律は、刑事はともかく、民事裁判を起こす時に役立ちます。
ほかに、
民事保全法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%BA%8B%E4%BF%9D%E5%85%A8%E6%B3%95
民事執行法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%BA%8B%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E6%B3%95
民事保全法・民事執行法は、例えば、加害装置がある場所に対して保全を行うことにより、誰も触れられないようにするために使えるのは間違いありません。

よくよく考えてみれば、現行法でも被害者の味方をしてくれるのは間違いありません。
スポンサーサイト

日経サイエンス05

日経サイエンスの5月号(4月発売)に非常に興味深い記事が掲載されていました。

○身体を超えてつながる脳

BMI技術の専門家が書いた記事ですが、とても興味深い表現がありました。
「無線周波数の脳波」

これは、無線周波数の電波を脳波のように変調したということになりませんでしょうか。

知っての通り、ニューロンはパルス変調です。
であれば、無線周波数の電波をパルス変調することにより、デジタルデータとして扱うことが可能であるということになります。

では、どのようにして電磁波を用いて脳から情報を得るのでしょうか。
答えは、既にある技術にあります。
レントゲンです。
X線を用いて頭部に照射し、X線が頭部の構造物により変調した情報をフィルムに焼き付けています。
そのフィルムをアンテナに変えたらどのような情報が記録されるのでしょうか。
恐らく、その人個人の脳の中のノイズが記録されることでしょう。
そして、それにはその人の考えが言葉として記録されているのは間違いないことでしょう。
うまく、復調することができれば、そのままスピーカーから脳の中の声を聞く事が可能となるのは間違いないでしょう。

逆に、無線周波数の電波を脳波様に変調することにより、ヒトの脳に情報を入れることも可能であることも示唆しています。
そして、運動野であれば、動きを、前頭葉であれば、意思をコントロールすることが可能であることも示唆しています。

○小さな脳を制御
レーザー光で線虫を操った

身体の完全なコントロール被害を訴える被害者は存在しています。

この記事で書かれているのは、線虫ですが、それをヒトに置き換えたらどうでしょうか。
それそのものの記事と言えます。
寒気を覚えると同時に、虫酸がはしります。

購入していない人達は、是非、ご一読を。

僕自身、レーザーでこの被害は可能だと話してきましたが、強力に被害を主張する人達を援護する記事内容だと思います。
一刻も早く、被害の解決を望みます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新トラックバック

プロフィール

菊地眞謙

Author:菊地眞謙
2003年10月に被害に気付いて以来、被害を受け続けています。
少しでも多くの人達にこの被害を知らせるためにブログを立ち上げました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
身体攻撃 (20)
総合 (45)
音声送信 (16)
集団ストーカー (15)
ストレス解消 (1)
電磁ノイズ (6)
映像送信 (3)
家電製品の誤作動 (2)
加害電磁波の周波数帯 (4)
脳 (5)
思考盗聴・盗撮 (13)
加害者 (6)
加害行為の記録 (100)
法律 (13)
報道 (12)
加害装置 (2)
統計 (2)
被害者の会関連 (1)
意思・身体の動きのコントロール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。