2009-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の脅し

今日の3人組の脅しです。

「何が愛しているよだ」

「まさのりくんが好きです」
「愛しいと思っちゃった」

「XXさんは、かわいい赤ちゃんができたりして、とか思ったりしているよ」
「△△さんは、そんなにあたしの事、想うんだったら、あたしだけを抱いてとか、考えている」
「□□さんは快感を感じちゃっている」
「Aさんは、オナニーしようと思っている」

「膀胱炎の痛みを味あわせてやる」

「被害者全員、殺すしかねぇ」
「被害者の立ち腐れ、烏合の衆」
「犠牲者」

いい加減、理解して欲しいものですね。
僕ばかりでなく、家族や果ては、職場の人達にまでですか。
そんな事をしても貴女方に「有利(音声送信でよく聞かされる言葉)」になるような事物は一切、ありませんよ。
拳銃で身体のどこを狙って撃っても、傷害罪以上の罪にしかならないのと同じです。

貴女方は何を使って音声送信、映像送信、身体攻撃、思考盗聴を行っているんでしょうかね。
そんなモノを使っていれば、何を言ったって、ギャグを言ったって脅しにしかなりませんよ。
貴女方にそんな加害装置があったって、最早、一般常識で物事を考えるしかありませんよ。



身体攻撃を理解するのに必要な知識です。

・ヒトの身体は70?80%が水で出来ている。
・インパルス応答
・レーザーアブレーション

集団ストーカー・電磁波被害で最も辛く、苦しいのは身体攻撃ではないでしょうか。
この被害から逃れられるだけでどんなに楽になれるか考えるのは、僕だけではないはずです。
寝ようとすると身体のありとあらゆる箇所を、痛みや痒み感じさせられ、場合によっては身体の内部からも同様の感覚を感じさせられます。
そして、そのまま朝を迎えてしまい一睡もできずに仕事へ行くというパターンを何度経験した事か…

しかし、身体攻撃は痛みや痒みだけにとどまりません。
不安感・悲壮感・暗く沈んだ感覚、緊張感など、被害者の感覚や感情にまで影響を及ぼし、果ては、身体の一部が勝手に動くという現象もあるようです。

ただ、これらは電界の異常として記録する事が可能です。
方法は簡単です。
ボイスレコーダーの外部マイクの差込口に何の配線もしていないステレオのプラグを差し込むだけです。
ステレオのプラグがアンテナの役割をし、本来であれば、マイクを使い音波が記録されるところに、電磁ノイズが記録されるようになります。
これにより、音声ファイルを電磁ノイズの記録として、音声解析ソフトで扱う事が可能になります。
http://mongar.biroudo.jp/records/plug/records/plugrecords.html

初心者の人に注意して欲しいのは、ICレコーダーの性能により、最も高い周波数で20000Hzまでしか記録できませんが、パルス発振されている電磁波に関しては、元の電磁波の周波数とは関係なく、低周波領域の電磁ノイズとして、この方法で記録可能であるという事です。

それから、オリンパスのDSシリーズのICレコーダーはこの方法で電磁ノイズを記録する事ができませんので、注意して下さい。
他にもそのようなICレコーダーがあるかも知れませんので、情報を下さい。
お願いします。

解析ソフト
http://mongar.biroudo.jp/analysis/analysislink.html

身体攻撃は、インパルス応答、レーザーアブレーションで全て説明が出来てしまいます。
スポンサーサイト

集団ストーカー対応方法

今日の3人組の脅しです。

「○○さんとの関係を切って下さい」
「オナニーをしないで下さい」
「もう、ダメになっているんですよ」

仕事中、
「XXさんは、後ろからお前に抱きしめられる想像をして、いっちゃった」
「△△さんは、後ろからお前に抱きしめられる想像をして、いっちゃった」
「□□さんは、後ろからお前に抱きしめられる想像をして、いっちゃった」
「女の想像をリアルタイムで聞けるんだから、勃起しろ」

「死ね」
「逃げも隠れもしねぇ」

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまでいった事のある女性です。
三人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
この三人組は、相変わらずの妄執と誇大妄想、被害妄想、嫉妬妄想の塊のようです。
そしてそれは、僕に対しても同様のようです。

僕が現在、働いている職場で、特に若い女性(美形)に対して、想像(映像送信)させるを行い、思考盗聴をして、その様子をリアルタイムで僕に音声送信をしてきているようです。

何が目的なのかは、とりあえず、おいといて、貴女方3人は一体、何人の人達に殺人行為を働いているんでしょうね。
2003年10月から、指折り数えてみなさい。
殺人未遂罪という犯罪を知っていますか。
程度の問題ではなく、何を使って犯罪を行っているのかが問題になるんですよ。
分かっていますかね。
異常な電界を計測しているだけで、100dB以上出ている計算になりますが、理解しているはずですよね。



僕自身、今もプライバシーに関する仄めかしにあっています。
場所は、派遣されていった仕事先やコンビニなど、多岐に渡ります。

何とか、対応できないものかと考えて思いついたのがこの方法です。

仄めかしをしてきた人達に、片っ端から
NPO法人テクノロジー犯罪被害ネットワーク
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/
のチラシを渡したのです。
他に、自分の被害についてまとめてある、自分のホームページのアドレスをいれた名刺も配りました。
渡す時に注意する事は、仄めかしをした事を仄めかしをした人に対して注意するのではなく、
「今、このような犯罪があるようなのですが、興味を持って頂ければと思いまして、是非、読んでみて下さい」
と、仄めかしの行為については何も触れずに渡したのです。

その結果、仄めかしが激減しました。
チラシや名刺を受け取らなかった人はゼロです。

被害者の人達におかれましては、仄めかしをした人達を敵視せずに、ここに紹介した方法を試してください。
僕の被害メモから判明した事として、噂の内容は、2?3ヶ月から半年くらいの期間で噂の内容が変わります。
その時に出てくる人達の種類として、
1何度も集団ストーカーとして、出てきている人達
2噂の流し始めの頃に出てくる人達
3噂の内容を展開する人達
4噂が流し終わりの頃に出てくる人達

1の人達は、加害装置の前に座っている真の加害者に近い人達だと考えています。
加害装置の端末を見た、扱った事のある可能性の高い人達だと考えます。
加害装置の端末の提供元も知っている可能性があります。
この人達に自分の被害について知らせる事ができれば、加害者の側を少しでも混乱させる事ができるのではないかと思います。
2の人達は、僕の場合、いろんな人達がいるようですが、中には、真の加害者がいるようです。
3の人達は、集団ストーカーのメンバーとして何度も出てくる場合が多いようです。
真の加害者を知っていて、加害装置を見た、扱った可能性が高い人達だと考えます。
加害装置の端末の提供元も知っている可能性があります。
4の人達は、僕の場合、過去の友人や知人の場合が多く出ていました。
この人達こそが、被害者にとって重要な人達だと考えます。
被害の事を積極的に知らせるべき人達です。
真の加害者に騙されて、集団ストーカーという被害すら知らずに出てきている可能性が高い人物達だと推測しています。
加害装置の端末を見ている可能性もあります。
真の加害者の肩書きも知っている可能性があります。

真の加害者が何も知らない人達を集団ストーカーに巻き込む際、被害者について何らかの嘘をついていると推測されます。
僕の場合は、恋愛・結婚に関する事での嘘がまかり通っていたようです。
結婚という話なので、相手(被害者)を驚かせたい(喜ばせたい)。
と言って、でっち上げのホラを吹くパターンのようです。
もう一つは、被害者の身に覚えの無い、過去の犯罪をでっちあげて、未だに逮捕されていない等というホラを吹くパターンです。

仄めかしをしている人達は、加害装置の前に座っている真の加害者に騙されている可能性が高いのです。
真の加害者に対しては、集団ストーカーという行為がリスクである事を理解させてやらなければなりません。

今日の脅し

今日の3人組の脅しです。

「思い通りになれ」
「まのりくんを思い通りにしたかったんです」
「だらしない人間にしてやろうと思った」
「ノーベル賞の自覚を持てば結婚しづらくなると思った」
「自分が拒否されると思わなかった」

「今の仕事場を地獄にしてやる」

ノーベル賞とは、何ですか?
説明して欲しいですね。
もしかして、貴女方の脳内ですか?
自分で動機を告白しているようですね。
嘘であれ、何であれ、こちらは、記録し、公開するだけです。
誰か人を頼りたいのならば、自分達の家族にしなさい。
この3年間、強制的に貴女方の話を聞かされてきましたが、訳の分からない妄想ばかりでしたね。
その妄想については、病院に行くなり、自分達の責任で処理して下さい。
僕の側の人達は一切、貴女方に関係ないのを肝に銘じておきなさい。

今日の脅し

3人組の今日の脅しです。

「妹を殺してやるわよ」
「妹にやるか」

「○○は男と付き合っていたわよ」
「○○は処女じゃないわよ」
「○○から聞いたわよ」
と言っていると思ったら、
「○○はまのりくんと一緒になるつもりで、やっていたんです」
何を言っているのか分かりません。
理解不能です。

「死ね」
「殺してやる」

「ペースメーカーに撃つか」

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまでいった事のある女性です。
三人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
この三人組は、相変わらずの妄執と誇大妄想、被害妄想、嫉妬妄想の塊のようです。
そしてそれは、僕に対しても同様のようです。

今日は激しいですね。
殺人の予告ばかりですね。
ところで、何故、母方の祖母がペースメーカーを付けているのを知っているんでしょうね。
この3人組は。
不思議ですねぇ。
この世の中は、一応、人の頭の中の考え事や、東京に住んでいる貴女方が、縁も所縁も無い栃木に住んでいる僕の状況を、知る術は無いハズなのですが。
いや、不思議ですねぇ。

もう、面倒ですから、貴女方の名前をこのブログでも公開しますか。
キチンと、根拠もあるわけですし。
これ以上、伏せていてもお互いのためになりませんし、こちらも、毎日、加害行為で身の危険を感じさせられていますからね。

貴女方3人の親類縁者が僕のブログを読んでいますように(笑)。

今日の脅し

3人組の今日の脅しです。

「○○は男とヤッていたんだ」
「○○は男がいたんだ」

「死ねよ」
「殺す」
「gmailはさせねぇ」
「寝かせねぇ」
「車の中で寝かせてやるよ」
「(加害行為を)少しもやめる気、ねぇ」

「□□はお前を惚れ直した」

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまでいった事のある女性です。
三人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
この三人組は、相変わらずの妄執と誇大妄想、被害妄想、嫉妬妄想の塊のようです。
そしてそれは、僕に対しても同様のようです。

□□は今の職場にいる女性ですが、まともに話したことも無いのに、惚れ直したとは、これいかに。
この文章を初めて読んだ人は、僕がまるで、馬鹿かおかしな人間と思うじゃないですか。
失礼な。

誰か、○○○子に優しくしてやって下さい(笑)。


加害者は加害装置を使い、被害者をイラつかせ、怒鳴らせる事により、被害者を周囲から浮いた存在にし、変人だと思わせたり、最終的には精神異常者扱いされるように誘導しようとしていると推測されます。

イラついた時に、大きな声を出せるような環境に住んでいる場合は良いのですが、そうでは無い場合、サンドバックを叩くのはどうでしょう。
締め上げようとも、蹴りを入れようとも、自由です。
しかも、相手は何も言い返しません。

それどころか、基礎体力を付けるにはもってこいの方法だと思うのですが、どうでしょうか。

今日の脅し

今日の中年3人組の脅しです。

「妹を殺してやる」
「ひらがなも書けねぇぞ」

「死ね」
「殺す」

「○○も、お前に(加害行為を)やっていたんだ」

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまでいった事のある女性です。
三人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
この三人組は、相変わらずの妄執と誇大妄想、被害妄想、嫉妬妄想の塊のようです。
そしてそれは、僕に対しても同様のようです。

アホアホ3人組は、証拠と根拠を元に、物事をくっちゃべって欲しいですね。
もう、この加害装置は、ただの通信機になっていませんか?
レシーバー(受信機)がなくても聞える電磁波による声のカラクリは公開したとおりですよ。
後は、いろんな方面の人達に認めてもらうだけですよ。

○○○○は、いつまで続ければ性的欲求不満が解消されるのでしょうね。
この加害装置の前に、365日、24時間体制でへばりついていたのでは、セックスもできないでしょうに。
本末転倒ですね(笑)。


遅れましたが、集団ストーカー・電磁波被害を物理現象だと考える、根拠を挙げておきます。

・パチッ、バチッ、といった心霊現象でいう、ラップ音のような音
・実際に買い物袋に小さい何かが当たった時に聞く音
・羽毛ふとんにポツッという音がして、半球状に音がした箇所がへこむ
・水深1mほどのプールの底に潜っても音声送信の声が聞こえる
・シールドルーム・電波暗室に入っても音声送信の声や音が聞こえる、身体の異常がる
・洞窟や鍾乳洞で音声送信の声や音が聞こえる 、身体の異常がある
・被害者の身辺でコンデンサマイクを使い録音すると、音声送信で聞かされているのと同じ音や声が録音されている
・被害者の身辺で電界の異常が計測される
・アルミや鉛のブロックを使用して、音声送信の被害が酷い時に外耳に当てて耳をふさぐ状態にすると、一瞬、音声送信が止まる。
すぐに、音声送信が聞こえる状態になってしまうが、手や耳栓で耳をふさいでも聞こえていた声が一瞬聞こえなくなる
・同様に、身体に異常(この場合、痛みやかゆみ、筋肉の不明な痙攣)を感じている箇所にアルミや鉛のブロックを使用すると、その異常が感じなくなる。
・入浴時、風呂桶に浸かっていても身体の異常がある
・その時に、水流を起こすと軽減する

補足
・被害者以外の人に声は聞えない、身体に異常を感じない
・体感として、かすかに声が聞こえる

今日の脅し

今日の3人組の脅しです。

「職場の女に(お前の事を)嫌わしてやる」
「世界中の女に嫌わしてやる」
「よし」

「死ね」
「殺してやる」
「足元をすくってやる」(家族に対する加害行為のことらしい)
「交通事故に遭わせてやりますよ」
「精神病院に入る事になりますよ」

僕が(面食いなので)美形の女性について考えていると
「ぺっ(唾を吐く音)」

やーれやれ。
誰に対して加害行為をやっても構わないんだけどさぁ、あんたらが誰なのか、こちとら知っているんだけどどうする?
自己責任でやってくれないかなぁ。
あんたら以外、他の誰かが悪いわけじゃないんだし。
音声送信で毎日こんな事を言って、その上に身体攻撃で性器を狙ってくるところなんか、既に、性犯罪だよね。
○○○○さんが調べられたら、もう、一巻の終わりじゃね?
それって、叩けば埃がいくらでも出るっていう事じゃね?
被害のおかげでまともに働けなくされたのも、正体がばれたとしても調べられないようにするためだと思っているしさぁ。
知りたいよね。
あんたらの、親兄弟の連絡先。

音声を、電磁波をパルス発振する事で送信出来る、どこの世界を探しても販売されていない特殊な装置を使って、加害行為を行っていると、伝えたいよね。
録音した音声ファイルを聞かせながら。

あんたらの親兄弟はどんな対応をしてくれるんだろうね。

あ、そうそう。
集団ストーカーの時に出て来た人達が、あんたらの親兄弟、親類縁者、友人・知人でない事を心底、祈っております(笑)。


2004年11月から録音を始めましたが、その頃は集団ストーカーという言葉すら知りませんでした。
僕の意識では、流されている噂や、見ず知らずの人達の行う仄めかしの内容から判断するに、婚姻目的のストーカーであろう、その程度でした。

とにかく、証拠を得るために当時住んでいた東京の西日暮里のアパートの室内で外から聞こえてくる仄めかしや誹謗中傷の声を録音しようとしていました。

結果として、外から聞こえてくる仄めかしの声を記録する事に成功しました。
http://mongar.biroudo.jp/records/mic/what/what.html
しかし、当時は気付かずそのままだったのですが、録音したファイルにはとんでもないモノまで記録できていました。

聞いただけで分かる、周囲の音と違う反響をしている声や音。
これらの声は今も記録されています。
そうです。
音声送信の声や音なのです。
この事に気付いたのは、2007年になってからでした。
http://mongar.biroudo.jp/records/mic/voices/voices.html

2004年の頃は、聞こえてくる声は、「見えていなくても」その場に人がいて話しているものだと思っていました。
ですので、アパートの外から聞こえてくる声は、アパートの外に人がいて話しているのだと思っていたわけです。

残念ながら、この常識は砕かれたことになります。

すなわち、集団ストーカーの被害を受けている時点で音声送信の被害を受けていた事になります。

集団ストーカーは人が実際に行うものと、音声送信で行う二つの方法がある事になります。

こういう事も言えると思います。
集団ストーカー被害は電磁波被害の一部である。
もっと言えば、加害装置が無ければ集団ストーカーは出来ないという事ではないでしょうか。

集団ストーカー被害だけの方も録音してみて下さい。
もしかしたら、仄めかしで聞こえてくる声と同じ声が記録されているかも知れません。

今日の脅し

今日の中年3人組による脅しです。

「殺すって言ってんだよ」

仕事場にて。
「彼女はあんたの事を好きになっちゃったのよ」
「午前中でノックアウトよ」
「恋に生きるって思っちゃってるわよ」
「彼女は条件が厳しいのよ」
「それでも、彼女はあんたとの結婚を、それもいいかなーと思っている」

いやー。
さえずりまくっていますね。
仕事場の女性に思考盗聴をしかけているんですか?
貴女方にとって、思考盗聴は現実と合致する真実を捉えているという認識みたいですが、音声送信を通して聞かされる僕の方は、貴女方3人組が話している内容なので、信用する価値、聞くに値する価値が全く無いんですよ。
何たって、嘘ばかりでしょ。
自分達が言っている事が正しいと信じこませて、周囲から孤立させる魂胆でしょ。
持ち上げておいて、落とす、などという手口以前の問題で、○尾○子だということだけで、信頼できないんですよねぇ。
だって、そうでしょ。
アンタ、昔っからホラばかりだったじゃん。


イタズラ電話について拙い知識で、音声解析を試みてみました。
wavesurferを使用しました。
http://www.speech.kth.se/wavesurfer/index.html

母音を比較したその結果、別人の声である可能性が高い事が判明しました。
まず、警察官の方の声紋は男声の基本周波数なのですが、イタズラ電話は男声に聞こえるにも関わらず、女声の声紋の基本周波数なのです。
基本周波数は明らかに高いにも関わらず、男声なのです。

警察官の電話
http://www16.tok2.com/home/mongar/audio/itazura/0802211504_cut.wav
イタズラ電話
http://www16.tok2.com/home/mongar/audio/itazura/0802211920.wav

加害者の側には、ボイスチェンジャーやシンセサイザーの機能がある機器類があると思われます。

警察官の方に僕に対して加害行為を行っている人と面識があるとは思えません。
たかだか数時間で加害者と警察官の方が会っていたとも考えにくいところです。

考えられるのは、どこかのタイミングで、遠隔で、警察官の方の声をサンプリングし、その声を使用して加害者が僕にイタズラ電話をかけてきたという事になります。

被害者の間でよく聞く話として、頼んでもいないのに出前が来た、ですとか、被害者の人の声で連絡が来た、知人から連絡が来たのに、後で確認をすると連絡などしていないと言われる、という話があるようですが、こういったカラクリがあっての事ではないでしょうか。

そして、被害者の方々は注意して欲しいのです。
聞こえてくる声に騙されないで欲しいのです。
アパートの部屋の隣の人の声、アナウンサーや俳優の声、友人や親兄弟の声、いろんな声をそのまま鵜呑みにして判断しないで欲しいのです。
加害者は、被害者に関わりのある人物の声を使用し、被害者を騙そうとしています。

特に、連絡の取れなくなった友人や知人の声は要注意です。

音声送信の被害は、コーン紙を使用したスピーカーを、マイクロ波聴覚効果と類似の原理を使用した機器類に変えただけです。

今日の脅し

今日の中年三人組の脅しです。

「尿漏れにしてやる」
「□□さんに(□□さん)がお前に抱かれているところ(加害者の嘘)を映像送信で見せてやったら、お前の事を好きになったぞ」
「もう、お前に話しかけられないと言っている」
「かわいそうにな」
「本気なんだってさ」
「勃起させてやる」
「オナニーしろ」
「あいつは、処女にとっては毒だ」
「潰すぞ、てめぇのホームページ」

7月7日のブログでも家族に対しての加害行為を書きましたが、
http://mongar3.blog66.fc2.com/blog-entry-3.html
この発言どおりだとすれば、□□さんにも加害行為を行った事になりますね。
□□さんとは、現在の職場にいる女性です.
恐らく、マインドコントロールによる誘導でしょうが、やはり、加害装置は誰に対しても加害行為を行う事が可能なようです。
そして、かなり、嫌がっているようですね。
音声送信の内容をブログに書くだけで。
あんたら、3人組の手の内がバレバレになってしまいますからね。


前日にイタズラ電話について書きましたが、その続きです。

2008年2月22日未明、イタズラ電話を仕事から自宅に帰り、携帯電話からパソコンに直接録音し、保存しようとしたのですが、変換用のアダプタを購入しなければならない事が分かり、後日購入する事にしました。

せめて、イタズラ電話の記録だけでもしようと考え、イヤフォンマイクを使用しました。
その時に、僕が携帯電話から聞いていたイタズラ電話の内容は、
男声で僕に対する仄めかしの名前、男声の笑い声、最後に女声の笑い声
「ウツミユウコではございません。ははははははは。さいなら。」「クスクス。」
といった内容でした。

イヤホンマイクではこのように記録されていました。
イヤフォンマイクでの記録
10.653秒あたりに記録されているのですが、不思議なことに、携帯電話から聞いているときとは、だいぶ、感じが違います。

後日、変換用のアダプタを購入し、パソコンへ直接録音しファイルを保存して聞いてみたところ、女声の笑い声が記録されていない事が判明しました。

そこで、wavesurferを使用し、解析してみたところ、イヤホンマイクで録音したファイルに記録されている女声のスペクトルがおかしいのです。
声紋になっていないのです。

携帯電話の留守電を聞いた時には、明らかに聞こえていた女声のクスクスという笑い声が携帯電話から直接パソコンへ録音した音声ファイルには録音されていない事から、これは、音声送信により聞かされていた声であると言えます。
それをイヤホンマイクで捉える事に成功していたのです。

という事は、あたかも携帯電話からの声として聞こえる音声送信の声なのです。
俳優やアナウンサーの声でラジオやテレビから聞こえる仄めかしや誹謗中傷の声も、音声送信による声なのではないでしょうか。

マスコミ被害が実は、加害者が加害装置を使用した自作自演なのだという可能性が非常に高いと言えるのではないでしょうか。

被害者の方々は絶対に騙されてはいけません。
こういった、声は必ず録音できます。
そして、録音する事によって多くの事が判明してきます。

被害の無い方々には、是非、知って欲しいのです。
この電磁波被害と言われる現象は、物理現象として、明らかに存在しています。


次に、警察官の声は何処でサンプリングされたのでしょう。

以前より、録音された自分が発声した声の声紋に異常があったのは気付いていました。
それは、声紋が切れてしまう、消えてしまうという不思議な現象です。

これが、非常に重要な現象だったのです。
http://mongar.biroudo.jp/records/mic/voiceprint/voiceprint.html
音波に対し、位相レベルで180度反転した電磁波を同期させ、干渉させる方法だと言えます。
それにより、電磁波の周波数も変わります。

被害者自身の声では再現性が無いため、
「ハイテク犯罪に関する調査と研究」
http://haitekuhannzai.ganriki.net/
の管理人、福島俊明さんが擬似音声を使用した結果です。
http://mongar.biroudo.jp/proof/proof.html

これらの現象から分かるのは、光の速さの電磁波と言えども、音波が発生する瞬間が分からなければ、声紋のスペクトルを消すのは不可能だと言える事です。

パソコンであれば音を出力させる命令が出た瞬間、ヒトであればブローカ野から発声せよと命令が出た瞬間となります。

これが被害者の声を遠隔でサンプリングする方法なのかもしれません。

もう一つ、言える事として、ブローカ野から発声せよという命令が出た瞬間が加害装置で分かるというのならば、この現象は、思考盗聴・盗撮の証拠ともなります。

では、警察官の声は何時、サンプリングされたのでしょうか。

それは、僕がこの被害を相談に行った時だったのかも知れません。

今日の脅迫

今日の中年3人組の脅迫です。

「うんこをもらさせてやる」
「○○さんにも、お前と別れてくれと頼んだ」
「マインドコントロールでだ」
「意思が強い奴にはきかねぇ」
「まのりくんは死んでくれ」
「まのりくんは殺してやるよ」
「お前を傷つけてやりてぇ」
「言うな、言うな、言うな」
「オナニーして死ね」
「何であいつだけ、幸せになんのよ」

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまでいった事のある女性です。
三人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
この三人組は、相変わらずの妄執と誇大妄想、被害妄想、嫉妬妄想の塊のようです。
そしてそれは、僕に対しても同様のようです。

他に、今の職場(派遣先)の一度も話をした事の無い、女性に関して、
「□□さんに、まのりくんと結婚してやって下さいと、マインドコントロールで言っている」

大きなお世話ですね(笑)。
自分達の下の面倒も満足に見られない中年に言われる事は、一切、ありません。
それより、さっさとしないと、警察が動いて逮捕されたら、大変な事になりませんか。
中年3人組さん。

ちなみにこの被害は、ヒトの身体は電気で動いている事を考えると、マインドコントロールなどという、生易しいものではなく、ヒトの完全なコントロールを目的としていると考えた方が良いでしょう。
意に反して身体が動いたりするのは、あたり前です。
ICレコーダーと何の配線もしていないプラグで計測をしていった結果、概算値にして数十万V?数百万Vもの電界が身体に発生しているのですから。

加害者は、前代未聞の犯罪者として、歴史にその名前を残す事は間違いありません。




2008年2月21日にイタズラ電話がありました。

2008年2月21日は仕事が夜勤でした。
警察官の声のファイルは、15:04、僕が仕事場に向かう途中、車の運転をしていたので、電話にでる事ができませんでした。
留守電にメッセージが残されていました。

イタズラ電話は、19:20、仕事中であったため、電話にでる事が出来ませんでした。

警察官の声のファイルは、僕が住んでいる場所の所轄の方で、現在は転任してしまったようです。
その警察官の方には、僕の受けている集団ストーカー・電磁波被害について相談していて、いろいろと建設的なアドバイスを頂いていました。
被害について相談していて一度たりとも、気まずい雰囲気になった事はありません。
その方から電話がかかってきたので、キチンと名前や所属を言っています。
ただ、今回アップしたファイルからはその部分を削除させて頂きました。

イタズラ電話に関しては、「非通知」という形で記録に残っていました。
公開させていただいたイタズラ電話の音声ファイルは、記録されていたイタズラ電話の内容の全てです。

「ウツミユウコではございません。ははははははは。さいなら。」
と僕には聞えます。

この二つの音声ファイルの声の音色は僕には似ているように聞えるのです。

詳しい事は述べられませんが、ウツミユウコという人物は、過去の僕の知り合いには存在しません。
ただ、この名前は僕に対する仄めかしなのです。
ウツミという人物とユウコという人物が別々に実在しています。
そのどちらの人物も女性です。

どちらのファイルも、僕の携帯電話に留守電としてメッセージが残されていたのを、携帯からパソコンに直接録音したものです。

警察官の電話
http://www16.tok2.com/home/mongar/audio/itazura/0802211504_cut.wav
イタズラ電話
http://www16.tok2.com/home/mongar/audio/itazura/0802211920.wav

ノーマライズしたファイルです。
警察官の電話
http://www16.tok2.com/home/mongar/audio/itazura/0802211504_cut_nor.wav イタズラ電話
http://www16.tok2.com/home/mongar/audio/itazura/0802211920_nor.wav


今日の脅し

今日の三人組の脅しです。

今日は仕事でした。
仕事先での脅しの一部始終です。
○○はセックスしていたんだ。
○○はセックス狂いだ。
○○はお前と会わなくなってから、男と寝ていたんだ。
付き合っていたんだ。
まさのりくんなんて、嫌いだよう。
もう死ねよ、まさのりくんは。
改竄ですよ(ブログやホームページ)、わたくしは。

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまでいった事のある女性です。
三人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
この三人組は、相変わらずの妄執と誇大妄想、被害妄想、嫉妬妄想の塊のようです。
そしてそれは、僕に対しても同様のようです。

他に、その矛先は職場の女性にも向けられます。
そいつは処女だ
そいつは二人目を求めている。
ヤリマンだ。
そいつは落とすのが難しい。
挨拶しても無視するからな。
そいつは人妻だ。
そいつは彼氏がいる。
処女じゃない。

まず、俺の知ったことか。

とにもかくにも、僕が女性を見ると、このような感じで音声送信でしゃべりかけてくるのです。
特に、美形の女性に対しては、あられもない言葉を発してきます。
この3人組は24時間体制、毎日これです。
どこから、金を得ているんでしょうねぇ。
まさか、その金は給料として貰っているんじゃないでしょうね。
親が知ったら、泣くどころじゃない、自殺するんではないでしょうか。

絶対にバレないと思い込んだこの3人組は、自分達の妄執っぷりをいかんなく発揮しているようです。



音声送信のまとめになります。


音声送信被害
ICレコーダーとコンデンサマイクでの録音

2009年7月19日
菊地眞謙

○音声送信が起こす現象
1.パチッ、バチッ、といった心霊現象でいう、ラップ音のような音
2.実際に買い物袋に小さい何かが当たった時に聞く音
3.羽毛ふとんにポツッという音がして、半球状に音がした箇所がへこむ
4.体感として、かすかに音声送信の声が聞こえる
5.被害者以外の人に聞えない
6.水深1mほどのプールの底に潜っても音声送信の声が聞こえる
7.シールドルーム・電波暗室に入っても音声送信の声や音が聞こえる
8.洞窟や鍾乳洞で音声送信の声や音が聞こえる
9.被害者の身辺でコンデンサマイクを使い録音すると、音声送信で聞かされているのと同じ音や声が録音されている
10.被害者の身辺で電界の異常が計測される
11.アルミや鉛のブロックを使用して、音声送信の被害が酷い時に外耳に当てて耳をふさぐ状態にすると、一瞬、音声送信が止まる。
すぐに、音声送信が聞こえる状態になってしまうが、手や耳栓で耳をふさいでも聞こえていた声が一瞬聞こえなくなる

グラフデータ
data size 2048
FFT size 2048
Windowing Hanning

○音声送信は録音する事が可能
私の場合は寝る時に、ベッドの枕元に外部マイク(コンデンサーマイク/ステレオ)を取り付けてICレコーダーを仕掛けているだけです。
起きている時に聞えてくる声が、寝ている時に録音されたら、それは、幻聴ではないという証明になります。

・自分には聞えていない音声送信とみられる声や音が記録されている場合が多くある。
・自分に聞えているのに、記録されていない場合がしばしばある。
・ICレコーダーを部屋の3箇所に設置し、同時に録音しても同じ内容の同じ声が1箇所しか記録されていない事もある。
・極端な場合、ICレコーダーの左チャンネルと右チャンネルで、片方のチャンネルにしか音が記録されていない場合もある。


ICレコーダーとコンデンサマイクで記録した音声送信の声や音に音声解析を試みると、
・おしなべて、非常に低い音圧で記録されている。
・インパルス状にスペクトルが記録されているにも関わらず、声として聞く事が可能であると同時に、聞こえている声と非常によく類似している。
2006年12月10日栃木県録音
左チャンネル
vp_krdhr0612100311_001_l.png
右チャンネル
vp_krdhr0612100311_001_r.png

2006年3月27日栃木県録音
左チャンネル
krdhr_vp_0603271328_l.png
右チャンネル
krdhr_vp_0603271328_r.png

・このようなスペクトルを持つ音が非常に多く記録されている。
・声紋のようなスペクトルが記録されていても、2000Hz以上が切れている。
・ステレオのマイクで録音すると、左右チャンネルの位相が一致しない。
・100Hz以下に音として聞く事の出来ないスペクトルが記録されている。
これらの事から、ピンポイントで音声送信が行われている事と、普通の音波では有り得ない現象が起きています。

○録音の効率的な方法に関する考察
イヤフォンマイクなどの小型のマイクを外耳道に設置、使用する事により、完全に近い形で録音する事が可能だと考えられます。
外耳道の大きさより小型であればあるほど、良いと思われます。

定点観測する場合、頭の位置(外耳の位置)とICレコーダーの位置の関係が重要なようです。
音楽で使用される、8チャンネルのレコーダーを使用し、録音すると良いと思われます。
そのレコーダーのチャンネルごとに一つずつモノラルマイクを取り付けて、部屋の東西南北に設置して録音すると効率的に録音が可能だと考えられます。

○音声送信を行う機器の推測
音声送信被害で使用されている電磁波の周波数帯は不明ですが、マイクロ波がパルス変調された場合、その電磁波の音をヒトが聞くという現象があります。
マイクロ波聴覚効果と言われます。

Flyback PWM Audio modulation
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=euqPEMJ3AEw

Plasma Speaker / Tweeter - Completed Working Setup
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=cEeWtBAE5LY&NR=1

Plasma Speaker: Musical Solid State Tesla Coil
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=2Lr8tVC-Qx0&NR=1

これらの動画の放電部分をメーザー、あるいは、レーザーにするだけで、音声送信の被害は説明がついてしまいます。
音声送信がPWM変調された電磁波である場合、ヒトはレシーバーを持たずとも任意の声や音を聞く事が可能です。

○音声送信で記録される自分の声
自分が発声していないにも関わらず、自分の声と類似した音色の声が記録されている場合があります。
この点に関して調べた結果、
・脳は自分が発声した声を常にフィードバックし、発声した内容を常にチェックする機構を持つ
・脳内言語は、自分の声である
この2点が判明しました。

被害者が何処かのタイミングで加害者に被害者自身の声をサンプリングされ、内耳や脳に聞かされた場合、聞かされた人は、自分の考えだと誤解してしまいます。

○コンデンサーマイクとICレコーダーによる記録についてのまとめ
以下に録音をする事により得られる音声ファイルから、耳で聞いた時の特徴を挙げてみたいと思います。
・男声・女声を問わない
・変調された声
・被害者が発声している訳でもないのに、被害者の声が記録されている
・有名人、連絡の取れなくなった過去の友人・知人、近隣の人等の声が記録されている
・大勢の人達の声で一つの内容を話している
中には、男声だけ、女声だけのパターンがある
・話しかけられる言葉の一部分に別の音を重ねる
・あるいは、車の走行音などに言葉の全てを重ね合わせる
・犬や猫の鳴き声などを真似ていながらも、言葉として聞き取れる
・言葉の代わりに音を利用する
・日本語以外の言語(主に英語)
・まれに加害者のものと思われる声紋が記録される
等々。

音の特徴についても挙げておきます。
・一言で言えば、多彩である。
・パチッ、バチッというような、心霊現象で言うところのラップ音のような音が頻繁に記録されている
・電子音
・耳鳴りの音
・楽器(弦楽器、打楽器など)の音
・テレビ・ラジオの音(不明な、聞き覚えの無い曲・歌)
・携帯電話の呼び出し音
・グラスを指で弾くような音
・窓ガラスを指先で叩くような音
・マイクを指先で叩くような音
・工場・工事現場で聞く事ができる重機の音
・犬・猫の鳴き声
・時間的に不自然な鳥の鳴き声
・季節的に不自然な虫の音(突然大きくなる)
等々。

加害者が所有しているであろう、音声送信の機器には、明らかにプロの人達が扱うようなシンセサイザーの機能があります。

音声送信を理解する上で必要な用語です。
・インパルス応答
・レーザーアブレーション
・光音響分光法
・マイクロ波音響効果、マイクロ波聴覚効果

今日の脅し

今日の三人組の脅しです。

「○○は処女よ」
「○○は男と付き合っていたのよ」
「○○は結婚したのよ」
「何もかも順調に進むと思うなよ」
「○○さんも入院させられた」
「お前の事で訳のわかんないことを言っていた」

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまでいった事のある女性です。
三人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
この三人組は、相変わらずの妄執と誇大妄想、被害妄想、嫉妬妄想の塊のようです。
そしてそれは、僕に対しても同様のようです。

言っている事が既に支離滅裂です。
現実と本人達の妄想の区別がついていないようです。
こちらの方が心配になりますね。
お笑い3人組は大丈夫でしょうか。


録音をする事により得られる音声ファイルから、耳で聞いた時の特徴を挙げてみたいと思います。
・男声・女声を問わない
・変調された声
・被害者が発声している訳でもないのに、被害者の声が記録されている
・有名人、連絡の取れなくなった過去の友人・知人、近隣の人等の声が記録されている
・大勢の人達の声で一つの内容を話している
中には、男声だけ、女声だけのパターンがある
・話しかけられる言葉の一部分に別の音を重ねる
・あるいは、車の走行音などに言葉の全てを重ね合わせる
・犬や猫の鳴き声などを真似ていながらも、言葉として聞き取れる
・言葉の代わりに音を利用する
・日本語以外の言語(主に英語)
・まれに加害者のものと思われる声紋が記録される
等々。

音の特徴についても挙げておきます。
・一言で言えば、多彩である。
・パチッ、バチッというような、心霊現象で言うところのラップ音のような音が頻繁に記録されている
・電子音
・耳鳴りの音
・楽器(弦楽器、打楽器など)の音
・テレビ・ラジオの音(不明な、聞き覚えの無い曲・歌)
・携帯電話の呼び出し音
・グラスを指で弾くような音
・窓ガラスを指先で叩くような音
・マイクを指先で叩くような音
・工場・工事現場で聞く事ができる重機の音
・犬・猫の鳴き声
・時間的に不自然な鳥の鳴き声
・季節的に不自然な虫の音(突然大きくなる)
等々。

加害者が所有しているであろう、音声送信の機器には、明らかにプロの人達が扱うようなシンセサイザーの機能があります。

今日の脅し

今日の三人組の脅しです。

「○○はヤリまくってさ、危うく妊娠しそうになったわよ」
「○○は私達んとこ来てさ、全部言いまくって行ったわよ」
(この言い方のパターンは中・高の同級生の話しの時にも使われる)
「切り札だと思ったわよ」
「もおう。殺すしかねぇ」
「まさのりくんが好き」
「愛しているって何だったんだろうな」
「一人殺すも二人殺すも、同じか」

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまでいった事のある女性です。
三人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
この三人組は、相変わらずの妄執と誇大妄想、被害妄想、嫉妬妄想の塊のようです。
そしてそれは、僕に対しても同様のようです。

そして、とうとう、自分達で白状していますね。
この三人組は。
2006年10月の件は、一生、僕は忘れませんよ。
貴女方は、人殺しの容疑もあるのですから。

2004年11月から録音を始めましたが、その頃は集団ストーカーという言葉すら知りませんでした。
僕の意識では、流されている噂や、見ず知らずの人達の行う仄めかしの内容から判断するに、婚姻目的のストーカーであろう、その程度でした。

とにかく、証拠を得るために当時住んでいた東京の西日暮里のアパートの室内で外から聞こえてくる仄めかしや誹謗中傷の声を録音しようとしていました。

結果として、外から聞こえてくる仄めかしの声を記録する事に成功しました。
http://mongar.biroudo.jp/records/mic/what/what.html
しかし、当時は気付かずそのままだったのですが、録音したファイルにはとんでもないモノまで記録できていました。

聞いただけで分かる、周囲の音と違う反響をしている声や音。
これらの声は今も記録されています。
そうです。
音声送信の声や音なのです。
この事に気付いたのは、2007年になってからでした。
http://mongar.biroudo.jp/records/mic/voices/voices.html

2004年の頃は、聞こえてくる声は、「見えていなくても」その場に人がいて話しているものだと思っていました。
ですので、アパートの外から聞こえてくる声は、アパートの外に人がいて話しているのだと思っていたわけです。

残念ながら、この常識は砕かれたことになります。

すなわち、集団ストーカーの被害を受けている時点で音声送信の被害を受けていた事になります。

集団ストーカーは人が実際に行うものと、音声送信で行う二つの方法がある事になります。

こういう事も言えると思います。
集団ストーカー被害は電磁波被害の一部である。
もっと言えば、加害装置が無ければ集団ストーカーは出来ないという事ではないでしょうか。

集団ストーカー被害だけの方も録音してみて下さい。
もしかしたら、仄めかしで聞こえてくる声と同じ声が記録されているかも知れません。

睡眠妨害

現在、睡眠妨害の被害を受けています。

映像送信の被害や音声送信(さすがに録音できるせいか、酷い時よりも音圧が低く感じられます)、体中に痛みや痒み、衝撃や振動を感じさせられています。

映像送信では、ある特定の人物達の画像を繰り返し、見せられます。
(お前らの事だよ!馬鹿3人組!)

馬鹿3人組が言うには、被害解決へ向けて、いろいろと進めすぎたという事らしいです。
「眠らせねぇ!」
「N尾一族に跪けばいいのに」
何故、この人達には、僕がやっている活動が筒抜けになっているんでしょうね。

ま、そんなアホな話しはともかく、この身体攻撃すらも電界の異常として記録できる事が既に判明しています。

身体攻撃の種類(手口?)だけでもかなり体感的にはあるように感じられます。
身体の表面的な感覚、身体の内部的な感覚を含めると、かなり手口があるように考えられます。
が、しかし、なのです。
身体攻撃を受けているとみられる時の波形は、大体、種類が決まっているようです。
身体の各部分を動かす時の波形も決まっているようです。
面白い事に、尿漏れと勃起させる時の波形が類似しているようです。

記録の方法は、ICレコーダーとステレオのプラグ、ワニ口クリップとアルミ箔のアンテナです。
http://mongar.biroudo.jp/records/antenna/anterecords.html

被害に関する証拠となるのは間違い無いと考えています。

今日の脅し

今日の三人組の脅しです。

「お前を確実に殺してやるという事になるのよ」
「○○さんは他の男とやりまくっていたんだ」
「ファンを作るな」

意味不明です。

それから、ここ数週間の傾向として、僕の家族、過去の友人・知人、職場の人達、被害者の人達に対して、思考盗聴しているがごとく、その人の考えなどを実況してくるようになりました。
「誰々はお前の事を好いている」
「お前を抱きしめたいと思っている」
「処女を捧げたいと思っている」
「私の胸をもんでよ、だってさ」
「お前の横顔を堪能している」
等々。

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまでいった事のある女性です。
三人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
この三人組は、相変わらずの妄執と誇大妄想、被害妄想、嫉妬妄想の塊のようです。

しかし、ため息が出てきますね。
呆れます。
最早、集団ストーカー・電磁波被害を受け始めて、7年近くになりますが、貴女方三人組はその間、ずっと下ネタばかりですか。
高性能な追尾システムである、レーダーとマイクロメートル単位でコントロールが可能なレーザーを使い、やる事は、下ネタですか。
この加害装置は、貴女方三人が作ったものではないでしょう。

何処から手に入れたんでしょうね。貴女方三人は。
所詮、漫画家のアシスタント崩れに作れる訳がありませんよね。



録音した音声ファイルを聞く時は注意が必要です。

ヘッドホンをしていれば、ヘッドホンから、スピーカーであればスピーカーから、まるで録音されている声のように音声送信の被害を受けます。
結果、何も声が記録されていない箇所に音声送信の声が記録されていると誤解してしまいます。
(これは、テレビやラジオから誹謗中傷の声が聞こえる等のマスコミ被害と言われるものと同じ原理ではないでしょうか。)

wavesurferの良いところは、音声のスペクトルを見ながら録音されているかどうかを確認できるところです。
http://www.speech.kth.se/wavesurfer/index.html
僕のホームページでとりあえずの使い方のマニュアル(一部間違っています)と設定ファイルをダウンロードできます。
http://mongar.biroudo.jp/analysis/analysislink.html

スペクトルが記録されている箇所には必ず何らかの音や声が記録されています。
スペクトルが記録されていない箇所には何の音も声も記録されていません。

音声送信の被害が無い人も録音をしてみて欲しいのです。
自分が声をだしていないにも関わらず、自分の声に似た声が記録されていたり、聞いた事の無い声が記録されていたりする可能性があります。

そして、自分の部屋だけではなく、旅行先等でも録音してみて下さい。
もし、音声送信で聞こえてくる声と類似の声が録音されていれば、その声の主につきまとわれている事になりませんでしょうか。

マインドコントロール(音声送信)

実は、音声送信には、重大な秘密が隠されています。

被害者の方たちならば、経験があると思います。
・本を読んでいると、聞こえてくる声に読んでいる箇所と同じ箇所を朗読され、読んでいるスピードがどんどん遅くなる。
・何もせず、何も考えていない状態、あるいは、何かに集中している時に、普段でも考えないような事が不意に思い起こされる。
・自分が話そうと思っている事とは、全く違う言葉や話が不意に口をついてでてしまう。
・自分が行動しようとしていない時、あるいは行動をしようとしている時に、何故か別の行動をしてしまう。
・猜疑心が異様に強くなる。
・普段、気にしないような事が異様に気になる。

など。

僕は、2004年の11月にその当時住んでいた、東京の西日暮里のアパートで外から聞こえてくる仄めかしや誹謗中傷の声を録音しようと、声が聞こえてくる方向にボイスレコーダーをしかけて毎日録音していました。

録音したその当時には気付かなかったのですが、何故か、自分が発声していないにも関わらず、自分の声と非常によく似た音色の声が記録されているのが2007年に判明しました。
これが、始まりでした。
しかし、これでは自分が加害装置の前に座り、マイクを握っていたという事になってしまいます(笑)。

その他の日付のファイルにも、自分の声と似た音色の声が記録されています。

この意味を調べていて重大な事が判明したのです。

遅延聴覚フィードバックという現象があるようです。
自分の声を発声した時から200ms遅らせて聞くと会話が成り立たなくなってしまうそうなのです。

耳を使って話す
?40年来の懸案にブレークスルー?
http://results.atr.jp/atrj/ATRJ_20/08/main.html

1と3の項目を読んでみて下さい。

聴覚フィードバックによる運動学習の支援
http://www.hi.is.uec.ac.jp/rcb/paper/PDF/H18_yamamoto.pdf

(>・本を読んでいると、聞こえてくる声に読んでいる箇所と同じ箇所を朗読され、読んでいるスピードがどんどん遅くなる。
この現象によく似ていませんか。)

この事から、脳は自分自身が発声した声から、言った事が正しいかどうかを判断し、間違っていれば言い直す、という事を日常的に行っているという事になります。

そして、自分が本を黙読した時、考え事をした時に頭の中で聞こえている声を
脳内言語と言います。

言語理論に基づいた脳内言語処理機構の解明
http://www.metro-u.ac.jp/toku_kenkyu/2002/t/hagiwara.pdf

これは、誰の声なのでしょうか。
自分の声である。
という事になりませんでしょうか。

もし、マイクロ波聴覚効果と同じ原理を使用して、被害者の内耳に直接被害者自身の声を聞かせたら、どうなるのでしょう。

もしかしたら、自分が考えた事、思い浮かべた事と勘違いをして、行動を起こす事になりませんでしょうか。

これこそが、マインドコントロールと言われる被害の、一つの核なのではないでしょうか。
国外では催眠の声と言われているモノではないでしょうか。

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」
http://wiredvision.jp/news/200807/2008070822.html

そして、2009年7月6日、精神科に受診しに行きました。
その時に、かねてから疑問に思っていた事を質問してみました。

自分:考えた時、本を黙読した時などの脳の中の声は、誰の声なのでしょうか。
精神科医:(間髪入れずに)「自分の声」です。

長い間の疑問がようやく解けました。
そして、ようやく、自分が専門家にこの被害について具体的な質問が出来る状態になったのだと実感しました。

考えた時、本を黙読した時などの脳の中の声は、「自分の声」なのです。
これを、音声送信で直接、内耳や脳に聞かされた場合、聞かされた人は、自分の考えだと誤解してしまいます。

これが、このマインドコントロール被害の肝です。

この被害を解決するには、専門家の知識が必要不可欠です。

今日の脅し

今日の三人組の脅しです。

「お前の携帯を壊してぇ!」
「イライラさせてぇ!モノに八つ当たりすれば精神病院送りになる」
2月に買い換えたばかりの携帯電話ですが、携帯電話を使用しているとバッテリーが異様に熱くなってきます。
その他に、ネットに接続できなくなる事がしばしばあり、町の中でも圏外になり、使用できなくなります。

「まのりくんを殺してぇ!」
7月9日のブログで三人組のリーダー格の人物について少し触れましたが、この人物と知り合ったのは91年の東京です。
「まのり」という呼ばれ方をしていたのは、僕が栃木県の中学校の時の話です。
このリーダー格の人物は、どこでそのような事実を知ったのでしょうか。
まさか、僕が栃木県にいた時の同級生を騙して、僕の情報を聞き出したりはしていませんよねぇ?

音声送信はどうやったら防げるのでしょうか。

これがもし、PWM変調された電磁波による声であるのならば、金属を使用する事によって、何らかの変化があるはずです。
他に、電磁波であれば被害の変化を経験できると予測できる場所を挙げておきます。

1.鍾乳洞・洞窟(深いほど良いと考えられる)
2.プールや海の中(深いほど良いと考えられる)
3.水族館(天井や周囲が水に囲まれているような箇所)
4.電波暗室・シールドルーム

ただ、4は
NPO法人テクノロジー犯罪被害ネットワーク
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/
で入ってみたものの、効果が今一つ、体感できなかったようです。
1は被害が無くなったという人もいるようですが、逆に、被害が酷くなったという人もいます。
2は、1.5m潜ったところで、被害が楽になったという人がいるようです。
3.は現在のところ不明です。

金属のブロックを耳にあてると、手や指で耳を塞いでも耳栓を使っても聞こえていた声が、一瞬だけですが、聞こえなくなります。
これは、何を意味するのでしょうか。

常に聞こえてくる声は外耳の位置を常にピンポイントで狙っている、ということに他ならないのではないでしょうか。
であれば、録音するにあたっても、イヤフォンマイクなどの小型のマイクを外耳道に設置、使用する事により、完全に近い形で録音する事が可能だと考えられます。
外耳道の大きさよりもさらに、小型であればあるほど、良いと思われます。

(すぐに声が聞こえてしまう状態に戻ってしまうという事は、加害電磁波が透過し易い特性を持っているのと、瞬時に透過率を計算し、出力を上げてしまうという事が考えられます。)

ただ、それだけではなく、マイクロ波聴覚効果と同じ原理を使用されてしまうと、頭のどこでも加害電磁波を照射すれば良い、という事になってしまうので、これだけは定点観測する事をお勧めします。

定点観測する場合、頭の位置(外耳の位置)とボイスレコーダーの位置の関係が重要なようです。
僕の場合、部屋の3箇所で同時に録音したりしていましたが、一つのボイスレコーダーに声が記録されているのにも関わらず、他のボイスレコーダーには記録されていない、という不思議な現象を確認しています。
ただの音波では有り得ない現象です。

これを人間に例えれば良いのではないでしょうか。
3人の人が一つの部屋にいるにも関わらず、一人だけが声や音を聞く、という事になりませんでしょうか。

今日の脅し

今日の三人組の脅しです。

今日は仕事より帰ってきてから、親と被害について話し合いを持ちました。
最早、70歳に手が届こうかという親ですが、ここ最近、精神科医の話も手伝って、被害について話が出来るようになってきました。

その直後からです。
自分の部屋に戻って資料のプリントアウトをしていましたが、
「親にやってやる」
「親をコントロールしてやる」
「それをプリントアウトするな」
「殺してやる」
「親は偏執狂よ」
「やっぱり、お前を殺すしかないんだ」
「お前をもう一度入院させてやる」
親に見せるための資料だったのですが、異常な騒ぎ方をしていました。

しかし、何故、加害者の側には被害者が何を行っているのか、分かるのでしょうね。

ただ、その前に、音声送信は何故、録音できるのかについてです。
それを理解するには、まず、マイクの種類と構造を知る事から始めなければなりませんでした。
コンデンサマイク、ダイナミックマイクの2種類のがあるようです。
そして、家電量販店で主に売られているのが、コンデンサマイクです。
?初めてのマイク?
http://homepage2.nifty.com/f-freestage/bacchin/lecture-mic01.htm

最初の書き出しの部分とコンデンサマイクの項に重要な事が書かれています。
「空気の振動を電気信号に変える」とあります。
「振動板も薄くできるので、より、繊細な音を集音しやすくなります。」とあります。

この二つは非常に重要な特性です。

もし、マイクロ波音響効果、聴覚効果と同じ原理がこの被害で使用されていて、パルス発振をしていたら、コンデンサマイクの振動板にそれが当たる事があったら、どうなるのでしょう。

インパルス応答の原理により、パルスの衝撃がマイクの振動板を揺らし、何らかの音が記録できる可能性があります。
マイクのどこかに加害電磁波が当たったとしても、やはり、インパルス応答の原理により、何らかの音が録音できると思われます。

コンデンサーマイクによる電磁ノイズ受信について
http://mongar.biroudo.jp/c_mic/c_mic.html

7月3日に書いたブログで、youtubeの映像を紹介しました。
あの映像で流れる音楽は、紛れも無く、放電によって、発生した音波をビデオがマイクで記録したものではないでしょうか。

そして、その変調の方式は「PWM」変調です。
加害電磁波も「PWM」変調をしています。
逆に、そうでなければボイスレコーダーでの録音は不可能であったと考えます。

被害者の方は、根気強く録音してみて下さい。
必ず、何らかの不明な声や音が記録されているはずです。

加害者の声
http://mongar.biroudo.jp/records/mic/voices/voices.html

海外のサイト

僕がチェックしている海外の被害関係のサイトです。
海外でも類似の被害を訴えている人達が、数多くいるようです。

Mind Control
http://www.us-government-torture.com/

Mind Justice
http://mindjustice.org/

Freedom Isn't Free, and Silence is Consent!
http://www.raven1.net/

Mind Control Forum
http://www.mindcontrolforums.com/

アラン・ユーのホームページ
http://members.aol.com/alanyu5/

PROJECT FREEDOM
http://www.mindcontrolforums.com/pro-freedom.co.uk/index.html

特に、PROJECT FREEDOMとFreedon Isn't Freeは必見です。
Freedon Isn't FreeはTHz波レーダーで人体を見るとどのように見えるか公開しています。
大変貴重です。

翻訳ソフトを使い、にらめっこをしています(笑)。

そして、
Mind Control
http://www.us-government-torture.com/
より、以下のリンクの記事からの一部からの訳です。
http://www.us-government-torture.com/History-of-abuse.html
つたない僕の訳ですが、時間があるようでしたら、読んでください。

Project Moonstruck((月の光にうたれて)気の狂った), 1952, CIA(中央情報局):
脳と歯に電子的インプラントを施す
目標:手術中かこっそりと誘拐した時にインプラントし、長距離
周波数帯域:HF-ELF トランシーバーインプラント
目的:追跡、精神と行動をコントロール、条件付け、プログラミング、秘密工作
機能的基礎:脳の電子刺激 E.S.B

MK-ULTRA, 1953, CIA(中央情報局):
薬品、電子技術、電気ショック
目標:近距離
周波数:ELF送信機で変調される VHF HF UHF
受信:局所的、局地的成果物
目的:行動のプログラミング、サイボーグのような精神状態を創り出す。
効果:ナルコレプシー状態 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC はサブプロジェクトの提案によってプログラミング:多数
ペンネーム:プロジェクトアーティチョーク
機能的基礎:電子的に記憶消去、E.D.O.M

Project Orion, 1958, U.S.A.F(アメリカ空軍):
薬物、催眠 、ESB(Electric Stimulation of Brain)
目標:近距離、人の中
周波数:ELF 変調で送信と受信:レーダー、マイクロ波、ELF周波数帯域で変調
目的:トップの保安要員による尋問、予定行動、保安と忠誠心を保証する
ペンネーム: "ドリームランド"

MK-DELTA, 1960, CIA:
微調整された電磁気の意識下への作用を意図した計画
目標:長距離
周波数: VHF HF UHF 変調の ELF 送受信:
テレビアンテナ、ラジオアンテナ、電源ライン
マットレススプリングコイル、60Hzの配線に関する変調。
目的:行動(ふるまい)のプログラミング、大集団の中での態度
効果:疲労、気分の変動、社会に関する行動機能不全(逆行動)
犯罪行為的気分変動
ペンネーム: "ディープスリープ" 、 RHIC

PHOENIX II, 1983, U.S.A.F,(アメリカ空軍) NSA(国家安全保障局):
場所:モントーク、ロングアイランド
(選ばれた集団のエレクトロニック全方向ターゲティング)
目標:中間距離
周波数:レーダー、マイクロ波。EHF UHF変調
出力:ギガワットからテラワット
目的:アースグリッドをロードは、地球のsonombulescence(レーダー画面?)読み込みを回避するため 。
地質学的活動、特定地点の地震を創り出す。
集団、個人に感光性を与える計画。
ペンネーム: "レインボー" 、シルエット
調和的(高調波?)な地理的範囲の他の場所では、送信機として地面を使う。
すなわちPine Gap、オーストラリアと他の場所

TRIDENT, 1989, ONR(アメリカ海軍研究局), NSA(国家安全保障局):
個人または集団の電子誘導された標的
目標:大集団
誇示:三つ組編隊飛行している黒いヘリコプター
出力:10万ワット
周波数:UHF
目的:大集団の管理と行動を制御、暴動鎮圧
協力機関:FEMA(連邦緊急事態管理庁)
ペンネーム:"ブラックルージュ"AEMC

RFメディア、1990、CIA:
電子工学的、多方向性潜在意識の暗示と計画的行動の設定
場所:ボールダー、コロラド(所在地の主な携帯電話ノード、全国のテレビ同期ノード)
[ 21フレーム同期-テレビ]
目標:合衆国国民
周波数:ULF VHF HF 位相変調
出力:ギガワットクラス
実施:テレビと無線通信、videodrome(ビデオドローム)信号(?)
目的:計画的行動と動機付け、行動に関する欲求、人々の精神的能力の破壊、大規模な電磁気コントロールの準備過程
ペンネーム: "Buzz Saw" E.E.M.C. [The Buzz]

TOWER, 1990, CIA(中央情報局), NSA(国家安全保障局): [携帯の鉄塔]
山野を通信回線で結び、催眠と暗示
目標:一般人、短期間隔、長期間の累積
周波数:マイクロ波、 EHF SHF
方法論:携帯電話システム、ELF変調
目的:神経共振(共鳴?)と得られた情報のコード化を通して行う計画
効果:神経系の変性、DNA共振(共鳴?)修正、精神的抑制
ペンネーム:ウエディングベル

HAARP, 1995, CIA(中央情報局), NSA(国家安全保障局), ONR(アメリカ海軍研究局):
[高周波照射中のAroral(オーロラ?)研究プログラム]
共振電磁誘導と大人口コントロール
場所:ガコナ、アラスカ
周波数:大気の相を固定し共振(共鳴?) UHF VHF
可能性:人々のDNAコード変更と人々の行動の修正
出力:ギガワットからテラワット幅で、反射する周波数により段階的に落とす:
およそ、1.1GHz人間のDNAの共振周波数、携帯電話システムの位相ロック

PROJECT CLEAN SWEEP(圧勝), 1997, 1998, CIA(中央情報局), NSA(国家安全保証局), ONR(アメリカ海軍研究所):
共振電磁誘導と大規模な人々の行動コントロール
場所:全国
周波数:感情的な波長、メディアによるイベントの後でヘリコプターの調査を通して集まっているデータ
- イベントシナリオの改変のために、人々の感情的なレベルを再刺激するために再放送。
可能性:大量の行動修正
出力:不明。おそらく、GWENネットワークまたは携帯電話の鉄塔周波数帯を通して再放送されます。
コロラド州のNBSからコーディネイトされます。

上記のリンクに書かれている事が本当であるのかどうか、皆さんの情報をお待ちしております。

加害装置の出所に関する考察

台湾の元陸軍中佐のアラン・ユーという人についてです。

既に、知っている方も多いと思うのですが、台湾の元陸軍中佐のアラン・ユーという人が、その人のホームページで述べている、
「台湾では装置をアメリカから輸入していた」
http://members.aol.com/alanyu5/
真実のほどは僕には分かりませんが、これが本当であれば、内部告発になると思います。

そして、アメリカの被害者の人達は、
ワシントンポストマガジン、シャロン・ワインバーガーの記事
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/10/AR2007011001399.html
日本語訳
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/06news02.html
でアメリカという国が自分達に対して加害装置を向けていると述べています。

アラン・ユーはこうも言っているようです。
「台湾の陸軍省警察というところで使用していた」

英語ですが、Wikipediaの記述を発見しました。

台湾陸軍省警察
http://en.wikipedia.org/wiki/Republic_of_China_Military_Police#Intelligence

書いてある内容は、この組織が諜報活動も台湾で行っている、という内容です。

アメリカでもCIAやNSAの名前が被害者の間で出てくるようです。
日本でもやはり、そういった省庁が加害装置に関係しているかも知れませんね。

今日の脅し

今日の三人組の脅しです。

「お前の親にやってやる」
「一家皆殺しをさせてやる」
「家族を皆殺しにした父親が、最後に自分で自殺するんだ」
「世田谷の一家惨殺事件も同じ方法だ」
(この話は、他の被害者の方も同じ事を言っていたのを覚えています)

他に、僕がホームページのアクセスログを見ている時に、
「○○さんはniftyなんだってな」
「niftyなんて調べることできるもんよ」
「お前と別れるように仕向けさせてやる」
「お前が集団ストーカーを○○さんにやっているように見せかける事ぐらい簡単だ」
「お前に猜疑心を向けさせてやる」
「嫌わせる事もできるもんよ」

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまで
いった事のある女性です。
三人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
この三人組は、相変わらずの妄執と誇大妄想、被害妄想、嫉妬妄想の塊のようです。

音声送信は録音する事が可能です。
僕は寝る時に、ベッドの枕元に外部マイクを取り付けてボイスレコーダーを仕掛けているだけです。
起きている時に聞えてくる声が、寝ている時に録音されたら、それは、幻聴ではないという証明になります。

ただ、ボイスレコーダーを部屋の3箇所に設置し、同時に録音しても同じ内容の同じ声が1箇所しか記録されていない事もあります。
極端な場合は、一つのボイスレコーダーの左チャンネルと右チャンネルで、片方のチャンネルにしか声が記録されていない場合もあります。
しかも、自分には聞えていない音声送信とみられる声や音が記録されている場合もあります。
逆に、自分に聞えているのに、記録されていない場合もしばしばあります。

これは、音波では有り得ない現象なのです。
音声送信は、ピンポイントで人を狙っている証拠です。

効率的に録音したい場合、イヤフォンマイクを使用すると良いでしょう。
家電量販店で2000円程度で販売されています。
場合によっては、楽器に詳しい人に聞くと良いのですが、8チャンネルのレコーダーが販売されているようです。
そのレコーダーのチャンネルごとに一つずつモノラルマイクを取り付けて、部屋の東西南北に設置して録音するのも良いでしょう。

ただ、録音されている音声送信の声は、録音されていたとしても、非常に低いボリュームで録音されています。
しかも、加害者が音声送信で録音されてもいない声や音を、さも、ヘッドフォンやスピーカーから録音されている音や声のように邪魔をしてきます。

そこで、音声解析ソフトの使用をお勧めします。
視覚的に音や声が録音されているかどうかを確認できますので、非常に便利です。

参考までに、
僕が使用しているソフトのリンク集です。
http://mongar.biroudo.jp/analysis/analysislink.html

録音方法及び状況
http://mongar.biroudo.jp/records/mic/method/method.html

僕が録音に成功した加害者の声です。
http://mongar.biroudo.jp/records/mic/voices/voices.html

録音した音声ファイルを日本音響研究所へ持っていったところ、
・女性の声である。
・(2006年時点で)30歳前後。
・身長170cm前後
という結果まで出ています。

この三人組は馬鹿なのではないかと、本気で思っています。
集団ストーカー被害も電磁波被害の一部である事まで判明してしまっているのにも関わらず、相変わらずの脅迫行為の毎日です。

いずれ、正式にこのブログでもこの三人の名前を公開したいと考えています。
音声送信が何故録音できるのかをキチンと述べてからだと考えています。
そして、この三人組が2006年10月に行ったであろう、許されない行為も公開したいと考えています。
この三人組は、警察に捕まれば死刑になる可能性が非常に高いと書いておきます。

音声送信は既に、知識とお金があれば再現する事が可能です。
再現に使用する電磁波の周波数帯によっては、マインドコントロールも可能です。
このマインドコントロールの方法を利用して、人を自殺させる(殺す)事も可能なのです。

既に、加害装置は謎でもなんでもないのです。

車の運転

何をやっている時でも、何処かに行く時でも、何に乗っている時でも、この被害に遭います。

特に危険なのは、自分で車を運転している時です。

2006年12月より、田舎住まいをしているので、車の運転は何処に行く時でも必須です。

今日もやられていました。

具体的に何を行ってくるのかというと、
○音声送信(かなりの音圧で、エンジンを止めると、ピタッと音圧が下がる)
○映像送信
 ・赤信号を青信号に見せられる。
 ・人が飛び出してくるかのような映像。
 ・視野内の光点
 ・視野内の文様
 ・視野がブラックアウト
 ・視野がホワイトアウト
 ・人物の映像
など。
身体の各部位に、
・強い痛み(針で刺されたような痛み、筋肉的な痛み、つねられたかのような痛みなど)
・強いかゆみ
・強い衝撃(硬い、大きな石でもぶつけられたかと思うくらいの衝撃)
他に、
・特に、右足や両腕をコントロールされる(アクセルやブレーキを踏み込まされる)
・視野や視線をコントロールされる(よそ見を強制させられる)
・眠気(強い眠気で、何度かセンターラインを飛び出しそうになる)
・注意力が全く無くなる(他の被害者の言葉を借りれば、ただ単に、ハンドルを握って、アクセルを踏んでいるだけで、他の感覚が全く無いような状態)
・忘れる(信号のある交差点を通りすぎた時、信号が赤だったのか、青だったのかが思い出せない)

これらを組み合わせて、時に、極端な場合、現在、自分が何処を走っているかさえ、分からなくなる事があります。

加害者は被害者を事故に見せかけて殺したいのでしょうか。

ICレコーダーと何の配線もしていないステレオのプラグで運転中の電界を計測すると、異常な電界が記録されています。
自動車のエンジンの電界とは、明らかに違います。
それは、パルス状に変動していて、身体の異常と相関性があります。

ステレオのプラグ
http://mongar.biroudo.jp/records/plug/records/plugrecords.html
身体攻撃・電界の異常の記録(ステレオのプラグ)
http://mongar.biroudo.jp/records/plug/plug.html

僕の運転する車の助手席に座る人は、命がいくつあっても足りないことでしょう。

身体攻撃

この季節になって来ると、熱を感じさせられます。
逆に、冬になって来ると、冷気を感じさせられます。

それは、毎日のように、夜、寝る時に始まります。

3人組は音声送信で、
「風邪をひけ!」
と言ってきます。

何故、彼女らはここまで僕に妄執するのでしょうか。
金を貰いながら加害行為を行っていたとしても、普通であれば飽きてきます。

僕自身は、彼女らに落ち度は100%確実に無いと確信していますし、同じく、加害装置の提供元にも落ち度は100%無いと、同様に確信しています。

今日の脅し

「○○はお前が辛い時に、男とヤリまくっていたんだ。」
「○○は処女じゃない。」

○○とは、過去に派遣で知り合った女性のことで、お付き合いさせて頂く寸前にまで
いった事のある女性です。

3人組はその女性に物凄い執着心を持っています。
僕が被害を認識した2003年10月からです。
最初は集団ストーカーの流す噂や仄めかしという形で、2005年3月からは、音声送信という形で。

何故、このような妄執とも言える執着心を持っているのか、疑問に考えていると、
「お前を傷つけてやりたい。」

どうやら、僕に対する復讐心のようなものも持ち合わせているようです。

何故、ここまで執着心を顕わにしているのでしょうか。

この3人組のリーダー格の女に問題があります。
実は、リーダー格の女は僕の過去の知り合いなのです。
1991年頃に友人Aから紹介されましたが、僕の他の友人Bと付き合っている時に、僕に対して、「精子ちょうだい」と言ってみたり、その友人Bと別れそうになっていた時に、「こうなった原因は友人Aにある。キスを奪われた」と言われて、その事を友人Aに告げると、友人Aは「そんな事は一切、無い!」と言い激怒し、その女に対して面前で、「Fuck You Bitch!!」と言わしめた、だらしない人間なのです。

その女が2003年10月より3ヶ月前位からどのような職業に就いていたのか、職歴を調べるだけで、加害装置の提供元が判明すると考えています。

今日の脅し

3人組の一致して行ってくる、今日の脅しです。

「一家離散状態にしてやる。」
「一家崩壊にしてやる。」
「お前の親にやってやる。」
「お前に財産が一円ももらえないようにしてやる」

うちの親を殺す気でしょうか。
寝ている時に親の声を音声送信で聞かされて起こされたりしたので、やる気になれば出来るでしょうね。
録音されていれば証拠になります。

音声送信の声と音波による本人の声はスペクトルが全く違うので、即座に証拠となります。

録音されていた僕の過去の知り合い・友人達の声もありますが、その人達にも伝えてあげたい事実です。
皆は騙されたのだと。
被害者でもあるのだと。

加害者はこれらの声を、マインドコントロールの加害行為へフィードバックする訳です。

加害者がサンプリングしているいろんな人達の声は、次の被害者を作る凶器となります。

2009年7月6日、精神科に受診しに行きました。
その時に、かねてから疑問に思っていた事を質問してみました。

自分:考えた時、本を黙読した時などの脳の中の声は、誰の声なのでしょうか。
精神科医:(間髪入れずに)「自分の声」です。

長い間の疑問がようやく解けました。
そして、ようやく、自分が専門家にこの被害について具体的な質問が出来る状態になったのだと実感しました。

考えた時、本を黙読した時などの脳の中の声は、「自分の声」なのです。
これを、音声送信で直接、内耳や脳に聞かされた場合、聞かされた人は、自分の考えだと誤解してしまいます。

これが、このマインドコントロール被害の肝です。

この被害を解決するには、専門家の知識が必要不可欠です。

マトリックス

僕は、声が聞こえると認識し始めた頃、音声送信で言われた事があります。
2005年3月でした。

「映画のマトリックスだ」

たださえ、コミュニケーションが取れる事に驚いているのに、僕に映画のマトリックスがどうのこうのと言ってきたわけです。

後に被害者の会でいろんな被害者の人達と話をすると、映画「マトリックス」について仄めかしがあった事を話している人達がいる事が分かりました。

映画「マトリックス」の第一作目を見たという人は沢山いると思います。
残念ながら僕は未だに見てはいませんが。
しかし、当時、映像が凄い、きれい、という事でどこの局だったかは覚えていませんが、製作風景を放映している番組がありました。
その中で印象に残っているのが、例の、俳優さんが飛び上がった瞬間をいろんな方向から被写体を写し、それをフィルム上で静止画で連続で見せていくという場面の撮影風景です。

音声送信で言われた時は、まったく何の事か不明でしたが、今だったら分かります。

これはレーダーの事です。

いろんな方向から電磁波を照射し、その反射か透過か分かりませんが、位置を特定する為の方法と、立体的に見る為の方法を仄めかしていたのだと確信しています。

「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも

「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも
2009年7月 6日
http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html

詳細は不明ですが、とうとう来たか、という感じです。

脅し

今日の脅しです。

「お前の親や妹にも同じことをやってやる」
「お前の親や妹に証拠を捨てさせてやる」
「お前を親や妹に殺させてやる」
「仕事先の同僚にも同じことをやってやる」

事実、家族にも集団ストーカーの被害の始まりの時のような被害が去年の9月より始まっていたようです。

しかし、今は、それをやらせているのは僕ではないかと、猜疑心剥き出しにして僕にありもしない事を質問してきます。

既に、5月にボイスレコーダーとプラグで記録してもらった結果、異常な電界が記録されていることが判明しています。
しかも、僕が記録している波形と類似の波形です。

寝るときにボイスレコーダーとマイクで録音してもらったファイルには、頭のある位置から鳥の鳴き声のような音も記録されていました。

どちらのファイルにも低周波に異常なピークがあります。

以上の事から、やはり、被害者の間では以前から言われてきた事ですが、この被害は被害者の周囲の人にも、同じ加害装置を用いて同じ被害に遭わせることが可能なようです。

併せて、集団ストーカーの被害の時からも不明な電磁波の照射を受けているという事にもなるかと思います。

音声送信

音声送信に関してです。

・インパルス応答
・レーザーアブレーション
パルスレーザー照射による生体組織の衝撃音特性
http://www.kanazawa-med.ac.jp/~orthoped/kennkyukai/hasisinn.htm
・光音響分光法
http://www.an.shimadzu.co.jp/support/lib/ftirtalk/talk7/intro.htm
・マイクロ波音響効果、マイクロ波聴覚効果
論文や参考文献など、多数、あります
http://kokoronokoe.at-ninja.jp/siryoudennjiha.htm

上記のアドレスの記事から、以下のアドレスの動画より言えることがあります。

一般に言う、「スピーカー」を使用しない音響機器が既にyou tubeで公開されています。

Flyback PWM Audio modulation
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=euqPEMJ3AEw
Plasma Speaker / Tweeter - Completed Working Setup
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=cEeWtBAE5LY&NR=1

Plasma Speaker: Musical Solid State Tesla Coil
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=2Lr8tVC-Qx0&NR=1

これらの動画の放電部分をマイクロ波発生器(メーザー)にするか、レーザーにするだけで、音声送信の被害は説明がついてしまいます。
そして、新しい音響機器の誕生です。

被害の無い方々にも音声送信を体感してもらえるのでは、と考えています。

そして、以下のアドレスの記事の内容に関わってきませんでしょうか。
・米陸軍「脳内で音声を発生させる技術」ウェブページの謎
http://wiredvision.jp/news/200805/2008051321.html
・マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」
http://wiredvision.jp/news/200807/2008070822.html

どなたか作って頂けませんでしょうか。

被害者の周囲に起きている現象は、間違いなく、物理現象です。
まして、この被害により、声や音、音楽などが聞えるというのは、人為的な現象であると、言わざるを得ません。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新トラックバック

プロフィール

菊地眞謙

Author:菊地眞謙
2003年10月に被害に気付いて以来、被害を受け続けています。
少しでも多くの人達にこの被害を知らせるためにブログを立ち上げました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
身体攻撃 (20)
総合 (45)
音声送信 (16)
集団ストーカー (15)
ストレス解消 (1)
電磁ノイズ (6)
映像送信 (3)
家電製品の誤作動 (2)
加害電磁波の周波数帯 (4)
脳 (5)
思考盗聴・盗撮 (13)
加害者 (6)
加害行為の記録 (100)
法律 (13)
報道 (12)
加害装置 (2)
統計 (2)
被害者の会関連 (1)
意思・身体の動きのコントロール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。